【 不動産売却の方法 】の画像

【 不動産売却の方法 】

豆知識

不動産売却の方法

不動産売却の方法について伝えていきたいと思います。

大きく分けて「仲介」と「買取」の2種類があり、売主の都合によって
適した方法が異なります。仲介と買取の良い点が上手に組み合わさった方法も
あるので、以下を参考にして下さい。

「 不動産会社へ売却 」

不動産会社を介して買主を探す方法とは異なり、不動産会社が買主となって
直接売却する方法です。いわゆる「買取」と呼ばれる方法で、仲介手数料がかからず
短期間で売却できる点が大きなメリットといえるでしょう。
ただし、不動産会社は買い取った後に必要な修繕をおこなって再販するため、
買取価格は仲介で売却するよりも約2~3割安くなることがあります。

「 不動産会社による仲介 」

一般的な売却方法として知られるのが、不動産会社によって販売活動を行う「仲介」です。
仲介の場合、売主と買主の間に不動産会社(仲介会社)が入って取引をおこなうため、
仲介手数料の支払いが発生します。相場の価格で売却しやすい点は魅力ですが、
希望する売却価格で売れるとは限らないことや、売却期間が読めないのは懸念点といえるでしょう。

「 任意売却 」

住宅ローンの返済が難しくなった場合は、任意売却による売却も1つの方法です。
任意売却は売却後もローンが残ってしまう場合でも、金融機関の合意を得て抵当権を外すことができます。
また競売とは異なり、ある程度の所有権の希望条件で一般市場に出して売却可能。
売却時のデメリットは少ないものの、住宅ローンの滞納が続くことが任意売却できる条件となるため、
個人信用情報にキズがついてしまうことは避けられないでしょう。

「 買取保証付き仲介 」

不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもうらうのが一般的な売却方法ですが、
必ず買主が見つかる保証はありません。しかし買取保証付き仲介の仕組みであれば、
確実に現金化することが可能です。
一般的な流れでは、まずは売主の希望価格・条件によって不動産会社に仲介して
もらい販売活動をおこなって、決められた期間内に買主が見つかった場合は
仲介取引として売却します。

売却1つとってみても、売主様の都合で、さまざな方法があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、不動産会社に相談されてみることをオススメします。




”豆知識”おすすめ記事

  • 【 省エネ性能表示制度 ってなぁに? 】の画像

    【 省エネ性能表示制度 ってなぁに? 】

    豆知識

  • 【 不動産売却の流れ 】の画像

    【 不動産売却の流れ 】

    豆知識

  • 【 固定資産税 】の画像

    【 固定資産税 】

    豆知識

  • 【 定額減税 】の画像

    【 定額減税 】

    豆知識

  • 【 令和6年に新築入居は注意が必要です! 】の画像

    【 令和6年に新築入居は注意が必要です! 】

    豆知識

  • 【 2025年 建築基準法 改正 】の画像

    【 2025年 建築基準法 改正 】

    豆知識

もっと見る